外国人住民の地域体験レポート② 大瀧神社編

目次

大瀧神社をお参り

越前市にお住まいの外国人住民 吉原 明子さんと泉 ナスレネさんと越前和紙の里 パピルス館 でオリジナル和紙づくりを終えた後に、大瀧神社を訪れました。和紙づくりついては外国人住民の地域体験レポート①をご覧下さい。

吉原 明子 さん

吉原 明子 さん

泉 ナスレネ さん

泉 ナスレネ さん

紙の神様が祀られている岡太神社・大瀧神社

和紙の里 パピルス館から車で5分ほどの距離に岡太神社・大瀧神社はあります。大瀧神社は、日本で唯一の紙の神様、川上御前が祀られた神社です。本殿および拝殿は、江戸時代後期を代表する建物として、昭和59 年(1984)に国の重要文化財に指定されています。

手を清めてから参拝へ

神社を参拝するときには、まずんは鳥居で軽く一礼してから境内に入ります。次に手水舎の水で両手を清め、口をすすぎます。手は左から清めるそうです。最後に、両手で柄杓を持って持ち手部分を清めます。

二拝二拍手一拝の作法に則り参拝

神社を参拝するときに作法が「二拝二拍手一拝」です。

まず、深いお辞儀を二回繰り返します(二拝)。次に両手を胸の高さで合わせ、肩幅程度に両手を開いて拍手を二回します(二拍手)。その後に、心を込めてお祈りをします。最後に両手をおろし、もう一度深いお辞儀をします(一拝)。

お天気にも恵まれ、緑に囲まれた境内で気持ちよく参拝させていただきました。

岡太神社・大瀧神社
住所〒915-0234 福井県越前市大滝町13-1
TEL0778-42-1151(社務所)
アクセスJR武生駅から福鉄バス南越線「和紙の里」下車徒歩約10分
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる