ごみの分け方 ~プラスチック製容器包装 ① ~

Ecchan #8

Ecchan #8

プラスチック製容器包装(プラごみ)は、他のごみと分けて、水で洗って きれいにすれば、全てリサイクルできる、とっても優れた資源です。プラごみは、越前市が指定する、半透明のピンク色の袋で捨てます。

プラごみの種類;

【ポリ袋・ラップ類・トレー類】
レジ袋、お菓子の袋、ラーメンの袋、クリーニングのビニール袋、透明のポリ袋などの商品がはいっていた ポリ袋、肉や魚などのトレーや それらを包んでいたラップ

【パック・カップ類】
カップ麺の容器、ゼリーやプリン などのプラスチック製カップ、卵のパックケース、豆腐の容器、味噌の容器、レトルト食品の容器など

【ネット・緩衝材類】
りんごや桃などを包んでいた 発砲スチロール製ネット、みかん・たまねぎ 用のネット、家電製品を保護していた発砲スチロール

ごみを出すときに 注意することが 2つ あります。

  1. ピンク色の指定ごみ袋の中に入れる。
  2. 汚れていたら、必ず水洗いする。汚れが落ちない場合は、燃やせないごみ。

 

This entry was posted in コウノトリえっちゃんのECOな話. Bookmark the permalink.