ごみの分け方 ~ 間違えやすいごみ(プラ・資源) ~

Ecchan #12

Ecchan #12

※「プラごみ」は、商品の容器や包装材として使われていたビニール製やプラスチック製のごみのこと。汚れのひどいものは「燃やせないごみ」になります。

ごみの分け方【プラごみについて(週1回回収)】

  • プラごみを捨てるときは、必ず指定の透明ピンク色のごみ袋を使って下さい。
  • プラごみはきれいなものしかリサイクルできません。必ず水などで汚れを落としてから捨てて下さい。
  • ペットボトルやビン、化粧品、スプレー缶などのふたがプラスチック製品(プラマークが表示されているもの)の場合はプラごみです。
  • ふたが金属製の場合は燃やせないごみです。燃やせないごみは、透明の袋に入れて燃やせないごみの日に出して下さい。
  • ビニール製の緩衝材(壊れやすいものを包むために使われるもの)もプラごみです。

【資源ごみについて(月2回回収)】
(ビン・缶):

  • ビンは「無色透明」「茶色」「その他の色」に分別してカゴの中に入れて下さい。
  • 蜂蜜や食用油などが入っていたビンは、水できれいに洗うか、ティッシュやペーパータオルなどで中を拭いてきれいにしてからごみステーションに出して下さい。
  • 資源ごみとしてリサイクルできるビン・缶は、飲食物が入っていたものだけです。化粧品など飲食物以外のものが入っていたビン・缶は燃やせないごみになります。それらは透明のごみ袋に入れて、燃やせないごみの日(月2回)に出して下さい。

(スプレー缶):

  • スプレー缶は月2回、資源ごみの日に捨てることができます。ごみステーションに出してあるスプレー缶専用のかごの中に入れて下さい。
  • 【捨てる時の注意!】スプレー缶は釘などで穴を空け、必ずガスを抜いて下さい。火災事故を防ぐためなので、必ず守って下さい。
This entry was posted in コウノトリえっちゃんのECOな話. Bookmark the permalink.